本研究科の概要

理念・目的

司法研究科は、法曹三者という高度専門職業人の養成に特化した専門職大学院(法科大学院)として、専門的な知識を習得するとともに、豊かな人間性や責任感、高度な倫理観を養い、社会に貢献しうる法曹を養成することにより、21世紀の法曹界を支えていくことを理念とします。

この理念のもと、本研究科で養成する法曹像を「人権感覚豊かな市民法曹」「企業法務に強い法曹」「公務に強い法曹」および「国際的に活躍できる法曹」の4つとします。この4つの法実務のいずれの分野においても、一般的に要求される法曹としての基本的能力や資質を十分に養成しつつ、法的問題の多様化・専門化・国際化に確実に対応できる能力を持ち、その様々な局面や過程において、 スクール・モットーである<Mastery for Service>を体現し、社会に貢献しうる法曹を育成することを目的とします。

この目的を実現していくための教育目標として、次の3つを掲げています。

教育目標1
多様化する広範な法の領域に対応しうる基礎的な知識や特化した専門分野の高度な知識を身につける。
教育目標2
多様化する広範な法の領域に対応しうる基礎的な知識や特化した専門分野の高度な知識を身につける。
教育目標1
問題に対して高度な法的分析により考察する力=「理論」と、具体的に行動し解決する力=「実務」の融合を図る。